研修後の食事にケータリングはいかがですか

研修会の後にケータリング

会社などの新人研修や社員研修などが行われる場合、食事はお弁当や外食が多くなります。
1回だけなら特に問題はないのですが、数日研修が続くような場合は、毎日お弁当や外食だとだんだん飽きてきてしまうものです。
ハードな研修の後の食事は、唯一の楽しみ、あるいは息抜きとなることも少なくないので、少し工夫してあげると社員のモチベーションが上がったり、社員同士の交流が深まったりします。
そこでおすすめなのがケータリングによる食事です。
研修が数日続く場合は、毎回だと予算的に厳しいかもしれませんが、せめて最後の日くらいは豪華にケータリングで食事を提供してあげてはいかがでしょうか。

研修後ケータリングのメリット

研修などの食事にケータリングを利用するメリットは色々あります。
まず、ほぼ100%社員の皆さんが喜んでくれることです。
目の前に広がった豪華でおしゃれな食事を見れば、歓声さえあがることでしょう。
そして、会社が自分たちのためを思っていてくれているのだという気持ちになるはずです。
また会社としても社員に喜んでもらえることは嬉しいことでしょう。
たかが食事、されど食事です。
「食べ物の恨みは怖い」なんて言葉もあるくらいですから、もし毎日貧相で冷たいお弁当ばかりが続けば、会社に対する評価も大きく下がってしまう場合や、諦めムードが広がってしまうかもしれませんね。
ケータリングの力は絶大なものがあります。
後は社員の構成を考えて料理の内容も選ぶなどの一工夫があると、より一層良いものになるでしょう。

手間がかからないメリット

外食は外に出ることができるので、緊張感が続く研修などでは良い息抜きになるのは確かです。
しかし、食事をする場所が近くにあまりない場合や、昼時ですから他のお客さんで混んでいることも考えられるので、予想以上に時間をとってしまうことも少なくありません。
しかし、ケータリングであれば会社内や同じ研修会場内で予めセッティングすることができるので、外食にかかる手間や時間を省くことができます。
これもメリットの一つと言えることでしょう。
もちろん、セッティングはケータリングのスタッフがすべて行ってくれるので会社側が忙しくなることはありません。
片づけや撤収作業も同様です。
その分の費用はメニューの中に含まれているので、心置きなくお任せすれば大丈夫です。

 

豊富なメニューがあるメリット

お弁当や外食に比べると、バイキング形式で食事をいただくことができるため、メニューは豊富です。
食事は好みが分かれるので、お弁当の場合だと当たりはずれが出てしまいます。
外食も同様で、同僚と一緒に食べにいくことになった場合、自分の好みではない食事になってしまうかもしれません。
しかし、ケータリングであれば色々な種類の食事がテーブルの上に並びますので、好きなものを選んで食べることができます。
和洋中がバランスよく入っているコースメニューを頼めばさらに良いでしょう。

社員同士の交流に一役

ケータリングは料理以外にも効果が期待できます。
それは雰囲気がパーティのように和むので、社員同士の交流にも一役買ってくれることです。
大きな会社などでは、あまり話したことがない人もいることでしょう。
特に新人研修などではなおさらです。
美味しい食事のテーブルを囲みながらだと、気軽な気持ちで色々と話にも花が咲くものです。
このような会社内の雰囲気を良くしていくことも、会社にとっては目に見えないメリットがあるはずです。
社員同士の気持ちがばらばらでは、一致団結して仕事に取り組むことができませんからね。
研修後の食事をケータリングにしてみるだけで、このような様々なメリットが期待でいるので、一度考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA