ケータリング会社の選び方のポイントとは

料理の内容を比較しよう

ケータリングが浸透するにつれて、色々なケータリング会社やレストランなどが参入してきています。
中にはシェフ個人が出張ケータリングをメインの仕事にしている人もあります。
たくさんの候補からベストなケータリング会社を選ぶことができるのはユーザーにとってはありがたいことでしょう。
そこでケータリングを行うときには、何を基準に、どのようなケータリング会社を選んだら良いのかまとめてみました。
まず重要なのはメインの料理です。
定番はイタリアンですが、好みが分かれるようだったら和洋中をバランスよく提供してくれるケータリングや、創作料理を提供してくれるケータリングも面白いかもしれません。
また女性が集まる席などではヘルシー志向の料理が喜ばれるでしょう。
このヘルシー志向のケータリングに関しては、ニューヨークなどでは人気のメニューとなっているようです。
ホームページの写真などを見ると、料理が並べられたときのイメージを掴みやすいです。
また、料理の内容比較で重要なのはボリュームです。
ホテルのバイキングのように料理が無くなればどんどん後から補充されるわけではありません。
そのため料理は美味しいのだけど、量が少なくてちょっと残念だったということもあり得ます。
ここは要注意です。
特に若い人が大勢集まるような席では、ボリュームは重要ポイントになります。
デザートや飲み物なども十分な量があるか、しっかりチェックしておくことをおすすめします。

飲み放題サービスの有無

ケータリング料金の中で意外と大きいのが飲み物代です。
しかし飲み物がないパーティはありえませんから、できれば飲み放題サービスが付いているケータリングを選びたいところです。
ケータリング会社によっては、ビールサーバーを準備してくれる場合や、ドリンク専門のスタッフがいるところもあるようです。
また、できれば飲み物の種類もきちんと確かめておきたいところです。
お酒やジュースの種類も複数あって、バラエティに富んだドリンクメニューであれば参加者にも喜ばれることでしょう。

スタッフを派遣してくれる会社がおすすめ

ケータリングの魅力の一つは、テーブルセッティングから後片付けまですべてお任せすることができることではないでしょうか。
ここがデリバリーサービスとは違うところです。
ただケータリングと言いながらも、デリバリーに近いところもあるので要注意です。
スタッフが派遣費用などは通常料理代に含まれているので別途請求されることはありませんが、念のためにスタッフの派遣費用も確認しておくと安心です。

追加料理が注文可能か

先に述べた料理のボリュームとも関係してくるのですが、コース料理にプラスして追加の料理を注文できるところもあります。
例えば年齢層の幅が広い会食などでは、高齢者に合わせて料理を選ぶと若い人には物足りなくなってしまうことでしょう。
そこで若い人達のために追加料理を注文することができれば助かるわけです。
豊富なメニューを揃えているケータリング会社では追加料理も可能なところが多いようです。

事前にチェックしておくべきこと

ケータリングを行うことに決まったら、事前にしっかりと見積もりをとっておくと良いでしょう。
どこからどこまでが料金に含まれているのかがケータリング会社によって異なります。
すべてコミコミの料金だとわかりやすいのですが、中には会場の設置や撤収の費用は別料金である場合や、サービススタッフの派遣費用や食器類の貸し出しが別途請求される場合もあります。
一見安そうな価格設定でも、追加料金が発生すると予算が狂ってしまうので、前もって見積もりを取っておくと安心です。
さらに、重要な会食の場合は、前もって味見をさせてもらえるケータリング会社を選ぶのも手です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA