ケータリングを活用するシーンとは

ママ会に楽してケータリング

大勢の人達が集まってパーティや食事会を開くときには、レストラン選びに一苦労させられるものです。
そのようなときはレストランだけでなくケータリングも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
さまざまな集まりでケータリングも候補に入れれば、選択の幅が広げることができます。
実際、どのようなシーンでケータリングを活用することができるか、いくつかの事例を挙げてみましょう。
小さいお子さんのいるママたちは、交流の場としてレストランで食事会を開くことが多いことでしょう。
しかし、小さな子どもが一緒というのは、他のお客さんに迷惑をかけないかと気になるものです。
だからといって誰かの家に集まるとなると、ホストママに負担をかけてしまうのが気の毒ですし、持って行く料理やお土産にも悩むことでしょう。
他の人を気にすることなく、楽をしながら美味しい食事をいただける、しかも後片付けの心配もない、そのような都合の良い話を問題なく叶えてくれるのがケータリングなのです。
会場は自宅でも良いですし、マンションであれば集会所や自治会室などを借りるのも手です。
子どもたちが騒ぐのも気にすることなく、ちょっとリッチな食事を楽しむことができるので、ママ会も盛り上がることでしょう。
もちろん、テーブルセッティングから食事の準備、後片づけまですべてケータリングのスタッフが行ってくれるので、本当に楽をすることができます。

サプライズパーティでケータリング

本人には内緒のサプライズパーティにケータリングを頼むのも面白いかもしれません。
例えば、いつもの場所が突然パーティ会場に変わり、しかもホテル並の食事がテーブルに並んでいたとしたどうでしょう。
驚くこと間違いなしです。
ケータリングのメリットは準備をしなくても良いということなので、サプライズパーティを企画した人達もぎりぎりまで普段通りの仕事をしていることができます。
またシェフが目の前で調理してくれるサービス付きを選ぶことができれば、なお一層雰囲気に高級感が出てくることでしょう。

セミナーや会議の後の懇親会にケータリング

会社などのセミナーや会議が終わった後の懇親会において、ケータリングを頼むと雰囲気がいっきに変わります。
隣の会場などを食事会場に使うことで、セミナーや会議を行っている間に、予め食事の準備をしておくことができます。
そして参加者はテーブルセッティングを待つ必要がなく、時間通りにすぐに食事をスタートさせることができます。
前菜からデザートまでフルコースを揃えれば、参加者は大満足してくれることでしょう。

 

ウェディングでケータリング

ウェディングの二次会などでは、フォーマルな雰囲気からカジュアルな雰囲気に変えて楽しむと盛り上がります。
二次会ではレストランも良いのですが、ケータリングを活用するのも手です。
会場はレンタルスペースを借りればOKです。
普段あまり馴染みがないレンタルスペースかもしれませんが、こういう二次会などに使うと大変便利なものです。
会場も広々していますし、他のお客さんもいないので、自由に好きな企画で盛り上がることができます。
多少はめを外すようなことがあったとしても許してもらえることでしょう。
このレンタルスペースとケータリングサービスを組み合わせは、その他にもさまざまなシーンで応用がききますので、覚えておくと良いでしょう。
さて、このようにケータリングはアイディア一つでさまざまなパーティや会食などで用いることができます。
きっと今までにない楽しい時間を演出することができるはずです。
料理の内容についてはケータリングを行っている会社によって異なりますので、しっかりチェックすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA